クラウン

新型クラウンの最新値引き情報!限界は50万?

新型クラウン 値引き情報 限界 50万
Pocket

今回は、新型クラウンの限界値引き額50万円は本当なのか、最新値引き情報についてご紹介したいと思います!

2018年にフルモデルチェンジを経て、15代目新型クラウンへと進化しました。

『いつかはクラウン』と言うくらい憧れの車と言う印象も強い高級車ですから、どのくらいの価格で購入出来るのかなど気になりますよね。

また、高級車ゆえに値引きもどのくらいが限界なのかと言うのも気になる方も多いのではないでしょうか。

それでは、新型クラウンの限界値引き額50万円は本当なのか、最新値引き情報についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

高級車だからこそ、あまり値引きの話を出して良いのだろうか…なんて不安に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

値引きの目安がわかれば交渉も進めやすいかもしれませんよね!

 

▼▼▼車を高く売りたい人必見▼▼▼


▲▲▲下取りに出す前に一括査定▲▲▲

新型クラウンの値引き額50万円は難しい?

新型クラウン 値引き情報 限界 50万

まずは新型クラウンの基本的な情報についてみていきましょう!

 

新型クラウンの車両本体価格は?

 

RS仕様

  • ハイブリッド 3.5 RS Advance 6,906,600円〜
  • ハイブリッド 2.5 RS Advance Four 6,015,600円〜
  • ハイブリッド 2.5 RS Advance 5,799,600円〜
  • ハイブリッド 2.5 RS Four 5,632,200円〜
  • ハイブリッド 2.5 RS 5,416,200円〜
  • 2.0 RS Advance 5,594,400円〜
  • 2.0 RS 5,184,000円〜
  • 2.0 RS-B 5,000,400円

 

標準仕様

  • ハイブリッド 3.5 G-Executive 7,187,400円〜
  • ハイブリッド 2.5 G-Executive Four 6,323,400円〜
  • ハイブリッド 3.5 S 6,237,000円〜
  • ハイブリッド 2.5 G Four 5,837,400円〜
  • ハイブリッド 2.5 G 5,621,400円〜
  • ハイブリッド 2.5 S Four“C package” 5,373,000円〜
  • ハイブリッド 2.5 S“C package” 5,157,000円〜
  • ハイブリッド 2.5 S Four 5,194,800円〜
  • 2.0 G 5,416,200円〜
  • ハイブリッド 2.5 S 4,978,800円〜
  • 2.0 S“C package” 4,941,000円〜
  • 2.0 S 4,746,600円〜
  • 2.0 B 4,606,200円

1番グレードの低い2.0Bでも460万超えですから、やはり高級車ですよね。

反対に1番高いグレードは718万円~とさすが『いつかはクラウン』と言うだけある夢のある車ですよね。

 

新型クラウンの値引き額の相場は?

  • 目標値引き額・・・23万円
  • 本体値引き・・・20万円
  • オプション値引き・・・5万円

現在の値引きの相場は上記のように、本体の値引き価格は20万円とかなり渋めの値引き額となっていました。

1番安いグレードでも460万円以上にも関わらず20万というのは少々残念な結果です。

なぜなら、初期受注が好調で売れ行きがかなり良く、人気車となっているのが要因のようです。

『値引きなんかしなくても売れる!』と言う状態のようですね。

ですから、初めから20万という額も提示してくれないと思います。

『15万円くらいが限界です!』と言われるのではないでしょうか?

出来るだけ値引き額を引き上げたいですね。

 

新型クラウンの値引きの推移

新型クラウンは、2018年6月にモデルチェンジを果たしましたので、直前の2018年5月~1年間の値引き額は、20万円前後を推移しています。

稀に2018年5月~6月で30万円の値引きに成功した!という声も見かけますが、それは恐らく旧型モデルのクラウンではないかと思われます。

フルモデルチェンジ前に旧型モデルは在庫処分もあり、50万円近くの値引きがされていた過去もあります。

そこから新型となり20万円ほどの値引きとなり一気に値引き幅が縮小してしまいましたね。

ですが、店舗によっては全く値引きに応じてもらえなかったと言うケースもあるようです。

それと比べれば20万円の値引きでも大きいですね。

クラウン自身、モデルチェンジの直前など以外の通常の時はもともと値引きが少ない車種と言われているようです。

それが新型になったことで更に値引きは渋くなっている傾向にあるようです。

ですが、そろそろ新型クラウンが登場してから1年が経過しました。

その為今後クラウンの値引き額は徐々に拡大していくのではないかと思われます。

高額な車両本体価格のわりに値引きは渋めの傾向ですね。

値引きしなくても売れる!と言う自身なのでしょうか。

 

新型クラウンの限界値引きは50万円って本当?

新型クラウン 値引き情報 限界 50万

上記でもお話ししたように、旧型モデルでは50万円の値引きに成功したという実例もありました。

ですが、今回の新型クラウンも目標は20万円くらいとご紹介しましたが、それを大幅に超える40万円~50万円の値引きという口コミも目にしました。

本当にそのような値引きを引き出すことが可能なのでしょうか?

 

新型クラウンの値引き50万円は嘘?

結から言いますと、値引き額が50万円というのは半分嘘で半分本当と言ったところでしょうか。

新型クラウンの値引きは上記でご紹介したとおりに、やはり目標値引き額は20万円です。

いくら交渉をしても、全く値引きすらないと言うところもありますから、いくらオプションをたくさんつけたところで、さすがに20万円を50万円にというのは難しいと思います。

ではどうして、40万円や50万円の値引きを引き出せた方がいるのでしょうか?

 

買い取り額UPで新車購入費の負担を減らす!

車を購入する際、初めて持つ車やセカンドカーとして買い足しと言った場合は下取りはありませんが、新型クラウンは初めて持つ車としてや、セカンドカーとして購入される方は少ないと思います。

そうなると、乗り換えですから以前乗っていた車を下取りや処分する必要がありますよね。

そこで、多くの方は新車の商談と同時に下取り査定をされる方がほとんどではないでしょうか?

ですが、ライバル車との競合の際にそれぞれのメーカーや店舗で下取り査定をしても、査定額はあまり大差ないのではないでしょうか?

ですが、これは勿体無い選択のようです。

新型クラウンの40万~50万円の値引きを引き出すことに成功された方は下取りではなく『買取』と言う方法をとっているようです。

ディーラーで下取り査定をするのではなく、買取業者に買取査定をしてもらうと言うことです。

ディーラーでは価格のつかなかった車が、買取業者では高値で買い取ってもらえたと言う実例も多数ありました。

でも、買取査定なんてどうしたら良いのでしょうか?

ですが、方法はいたってシンプルです。

買取業者もたくさんありますので、『一括査定』のサイトを利用すると言う方法です。

一括査定では年式や、走行距離、車の状態を記入するだけで、自宅で簡単に自分の車を最高値で査定してもらえます。

そして、もちろんそのまま買取業者に買取してもらうと言うのも一つの手段です。

ですが、その結果をディーラーに突き付けると言う方法もあります。

『買取業者だとこれだけの査定額がでているよ?』と伝えるだけで、グン!と下取りの査定額も上がる場合があるようです。

実際にこれで値引き額を更に20万円引き出したという方もいらっしゃるようです。

買取業者に査定してもらうと、高値になる場合もあると言うのはご存知の方も多いと思いますが、それをディーラーの値引き交渉に引き出すと言うのは初めて聞きました。

これは自宅でネット環境さえあれば出来ますので、ぜひやってみたい交渉術かもしれません。

 

新型クラウン最新値引き情報を実例から紹介!

新型クラウン 値引き情報 限界 50万

実際に新型クラウンを購入された方はどのくらいの値引き価格で購入出来たのか実例を見ていきたいと思います。

40代男性
40代男性
2.5 RS Advanceを購入しました。

ベンツCクラスと競合し、値引きは15万円までしか引き出せませんでした。

そこで、オプション値引きで上乗せする作戦に変えてみる為、オプションをしっかりつけて値引き交渉に望んでみました。

すると、付属品込み25万円引きに成功し、さらに『フロアマットとドアバイザーも無料サービスしてくれたら決める!』と交渉すると、それも承諾してもらえました。

30代男性
30代男性
RS ADVANCEの見積もりをしてもらいました。

車両本体価格は、5,594,400円で、メーカーオプションを383,400円、付属品価格を159,300円、販売諸費用を412,896円だったところ、車両本体からの値引きは49,996円でした。

支払総額は6,500,000円になりました。

やはり新型クラウンの値引きは渋めですね。

見積もりの実例を調べてみましたがあまり見つけることができませんでした。

また、見かけた見積りでもあまり大きな値引きは見つかりませんでした。

 

新型クラウンの限界値引き額を引き出すには時期に注意!

新型クラウン 値引き情報 限界 50万

先ほど買取査定をして値引きを大幅に拡大すると言う方法もご紹介しましたが、もちろん他にも交渉術はあります。

その中でも重要なのは『時期』が大きく影響するようです。

 

新型クラウンも買い時は決算時期

どの車種の購入時にもやはり決算時期は値引きも拡大しやすく購入にはオススメの時期と言えます。

通常だと、3月の決算と9月の中間決算でしょうか。

これらの時期はディーラーも1台でも多く車を売りたいですから、セールを開催する店舗が多いです。

また、営業マンはこの車種は〇万円までが値引き上限と決まっていますが、その上限が拡大される場合が多いです。

またそれだけでなく、下取り価格の最低保証があったり、契約した際にはカタログギフトなどのプレゼントがあったりと、お得な点が様々ありますので、見逃せない時期ですね。

 

新型クラウンは2019年中旬以降がおすすめ?

新型クラウンの場合、2019年の3月は一つの購入タイミングでした。

ですが、発売から1年も経っていませんし、人気もある為、あまり大きな期待はできなさそうでした。

ですから、新型クラウンの買い時はこれからです!

発売から1年経った2019年中旬以降がオススメです。

そろそろ人気も落ち着いてきていますので、これからが値引きも拡大しつつありそうですね。

そうなると、直近の最も買い時は9月の中間決算あたりでしょうか。

やはり決算期は新型クラウンでも見過ごせない時期のようですね!

2019年中旬のこれからがオススメ時期ですね。

 

新車・中古車を買う時に下取りで損しない方法は?

かんたん車査定ガイド
ディーラーの下取りでいつも損してる気がする…
今の車が高く売れたら車を買い替えたい!

新車・中古車を安く買うには、値引きを頑張ってもらうのが一番簡単ですが、下取りに出す車があるのならば、下取りに出すことで更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ディーラーは『下取り金額を低めに提示』しているのです。

値引きは限界です。代わりに下取り価格を10万円アップするので決めてください!

といったセールストークに使うために、少しずつ下取り価格を上げて交渉の材料にしているのです。

これまで大切に乗っていた愛車は、1円でも高く下取りに出したいですよね?

その為には、あなたの愛車がいくらで売れるのか下取り相場を知っておく必要があります。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

愛車を一括査定した見積書をディーラーへ持って行き、『この見積りより高くならなければ下取りに出しません』と言うことで、下取り価格の交渉が有利になります。

私がディーラーでフィットを下取りに出した時、初めの提示金額は45万円と言われました。

そこで、無料一括査定を試してみた結果、62万円という査定金額が出て唖然としました。

一括査定を知らずに下取りに出していたら、あやうく17万円も損するところでした!

その後ディーラーに査定金額を伝えたところ、17万円+1万円で18万円アップしてくれました。

ディーラーのやり方に疑問を感じつつも、相手も商売なので知らなければ損してしまっても仕方ありませんよね。

どこのディーラーでも最初は下取り価格を低く提示してくるので、一括査定で買取相場をチェックしていくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取りで損したくない方、比較用に見積りを取ってみたい、相場だけ知りたいという方は、無料で簡単にチェックできるのでお早めに試してみてくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

新型クラウン 値引き情報 限界 50万

今回は新型クラウンの限界値引き額50万円は本当なのか、最新値引き情報についてご紹介してきましたが如何でしたか?

新型モデルの値引き額は渋くなる傾向がありますが、新型クラウンの値引きは出来ないわけではありません!

しっかりとした方法をつかって、正しく値引き交渉をする事が出来れば限界値引き額50万円に近い額の値引きを獲得することも出来るでしょう!

少しでも損しないように値引き情報をチェックして商談に挑んでみてくださいね!