86

新型86のフルモデルチェンジ予定は2020年?最新情報を一挙お届け

新型86 フルモデルチェンジ 予定 最新情報 2020
Pocket

今回は、2020年新型86のフルモデルチェンジ予定について最新情報をご紹介したいと思います。

トヨタの人気スポーツカーの86は発売当初より安定した人気を誇っている1台ですよね。

そんな86も次期モデルを開発すると発表されています。

時期は2020年を予定されていますが、どのような改良があるのが気になりますね!

それでは、2020年新型86のフルモデルチェンジ予定について最新情報をお届けしていきますので、お見逃しなく!

86の復活は待ち望んでいたファンも多いのではないでしょうか?

ファンの多い86ですから、マイナーチェンジも楽しみですね!

 

▼▼▼車を高く売りたい人必見▼▼▼


▲▲▲下取りに出す前に一括査定▲▲▲

新型86のフルモデルチェンジ予定は2020年って本当?

新型86 フルモデルチェンジ 予定 最新情報 2020

まず肝心なフルモデルチェンジの時期についてです。

86は発売当初一代限りで終了と言う話もありましたが、2020年に本当にモデルチェンジがあるのでしょうか?

 

2016年のマイナーチェンジではどのような改良がされたの?

86は2016年にもビッグマイナーチェンジが行われました。

その際はどのような改良があったのか見てみたいと思います!

 

エンジンのパワーアップ

86のエンジンといえば、水平対向エンジン2ℓが搭載されています。

これについては変更はありませんが、様々な工夫を行った結果、以前のエンジンよりも約5%の出力をアップさせることに成功しました。

 

注目①シフト構造

シフト構造の大幅な見直しに注目されました。

『トリプルコーンシンクロ』というシフト構造を採用し、クラッチの強度を上げたことで、より素早いシフトチェンジが可能になり、更にシフトチェンジを楽しむ事が出来るようになりました。

 

注目②AT仕様のレバー

通常のDレンジではノーマル走行・パドルシフト走行に『SNOW走行』と『SPORTS走行』が追加されました。

さらにMレンジでは『6-Speed SPDS』を搭載し、シフトチェンジのスピードが、世界最速レベルにまで向上しました。

 

外観も大幅に変更

外観にも大幅に変更しました。

ルーフ中央部分にパゴダルーフを取り付け、気流のコントロールを極限にまで追求しました。

ウィンカーの高さも大幅なローダウンし、ヘッドライトを内蔵することによってなんと15㎜以上のローダウンに成功しました。

 

本当に2020年にモデルチェンジするの?

86は2012年にスバルのBRZと共に開発され発売されました。

スバルの水平対向エンジンFB20型にトヨタの直噴技術D-4Sを融合した新開発のスポーツエンジン、FA20型と呼ばれる2.0L水平対向4気筒DOHCを搭載しています。

2020年でマイナーチェンジから4年経ちますのでそろそろフルモデルチェンジの時期になるのではないでしょうか?

現行モデルと同じくスバルとの共同開発で、生産も同じスバルの群馬製作所にて行われる予定のようです。

 

時期は何を目安にすれば良いの?

86のフルモデルチェンジは、トヨタ車では、新型ヴィッツのフルモデルチェンジや新型アクアのフルモデルチェンジとタイミングはちょうど重なりそうです。

ですから、次期ヴィッツや次期アクアがフルモデルチェンジするタイミングで、トヨタ新型86も発売すると思っておけばよさそうですね!

2020年のモデルチェンジは濃厚そうですね!

一代限りかも?と言われていただけにファンの方には嬉しいことですね!

 

2020年予定の新型86フルモデルチェンジの最新情報をご紹介!

新型86 フルモデルチェンジ 予定 最新情報 2020

では2020年に予定されているフルモデルチェンジではどのよう改良が予定されているのでしょうか?

現時点でわかっている最新情報を見てみたいと思います。

 

スポーティーなエクステリアに!

新型86の外装は、復活販売が決定している上位モデル『スープラ』からくるスポーツデザインを取り入れた新世代デザインになり、軽快さとパフォーマンスを感じることができるデザインとなる為、空力性能も改良されます。

更に、現行モデルでも設定されていたハイスペックモデルも用意され、トヨタのスポーツブランド『GR』の上位モデル『86GRMN』として、専用のエアロパーツを装備したモデルの設定もありそうです。

 

ボディーサイズは大きくなる?

ボディサイズの予想を新旧比較してみました。

項目 新型86(予想) 現行86
全長 4,250mm 4,240 mm
全幅 1,780mm 1,775 mm
全高 1,315mm 1,320mm
ホイールベース 2,570mm 2,570mm
乗車定員 4 人 4 人

全長が+10cm、全幅が+5mm長くなり、全高が−5mmという差で大きな差ではなさそうです。

新型86のボディサイズはほとんど変わりがなく、ほぼ現状維持と言えそうです。

全幅1800mm以下なの取り回しのよさもキープできそうです。

また、86の設計は低重心を1つのキーワードに、念入りに重心の位置決めや、慣性の働き方、車両重量の軽量化とその配分を設計されています。

それらで低いドライビングポジションを確保することが出来ました。

さらにスポーツ感の醍醐味を味わえそうです。

 

最大出力240psのダウンサイジングターボで安定した加速に!

86が従来のFA20型の2Lから、新開発の1.8L水平対向4気筒ダウンサイジングターボに変更し、最大出力は220psから240psまで向上するのではないかと言われています。

プラットフォームもスバルが開発したSGPからトヨタが開発したRAV4やカムリに採用するTNGAプラットフォームに変更することで、より剛性のある安定した加速が楽しめる86に進化するのではないかと思われます。

また、今回のフルモデルチェンジでハイブリッドスポーツカーもデビューするのではないかと言われています。

現状ではCVTモデルの提案がスバルから出ているようですが、MTモデルがなくなってしまうので、ガソリンとハイブリッド両方ラインナップする予定のようです。

東京モーターショー2017年に出展された86をベースとした『GR HV SPORTS concept』は今後のハイブリッドスポーツが予感させるもので、レーシングハイブリッドシステム『THS-R』と呼ばれるスポーツ走行に適したハイブリッドシステムを搭載していました。

新型86ではこの技術を搭載してくるのではないかと予測されています。

 

安全装備が搭載される!

最近では安全装備が充実した車が普及していますよね。

そんな中で『車=安全装備=当然』となった時代に、車種の一種であるスポーツカーには安全装備がほとんど装備されておらず、先進安全装備の自動ブレーキも含まれていないものが多いです。

実際に、現行の86には安全装備は搭載されておらず、その他のスポーツカーである日産GT-R、ホンダNSXにも設置されていません。

この安全装備が搭載されていない理由は、スピードを重視している為、単眼カメラに問題が生じ設置ができないと言われています。

しかし、新型86には最新の自動ブレーキが設置されるかもしれません。

単眼カメラの性能が向上しているために、スバルの先進安全システム『アイサイト』が搭載されそうです。

いくらスポーツカーと言えど、日常生活でも使用しますからもしもの時の為に安全装備は欲しいですよね。

 

インテリアは更に上質に!

新型86の内装は、スポーツドライビングを優先しながらも、車体設計の効率化により現行モデルよりも余裕をもった空間が確保されそうです。

インテリアデザインは、現行モデルでは『上級・上質』を求めるユーザーが多かった為、更に素材などが見直され、グローバル販売での多くの競合モデルに対抗するデザインとされるようです。

スピードメーターやシフトペダルなどの工夫は勿論、シートからピラーまで細部にわたる工夫も行われそうですね。

 

燃費は向上するの?

現行モデルの燃費は、公式のカタログで発表されているのがベースモデルの『G』の6速MTモデルが13.0km/L、6速ATモデルが12.8km/L、『GT」と『GT Limited』がそれぞれ12.4km/Lです。

この数値はスポーツカーとしてはなかなか頑張った数値ではないでしょうか?

ですが、新型86にはハイブリッドモデルが登場するのではないかと言われています。

また、多くの場合フルモデルチェンジなど改良がある場合は少しでも燃費を向上させているものが多いですよね。

ですから、新型86もハイブリッドが登場すれば大きく、そうでなくても少しは燃費の向上を期待できるのではないでしょうか。

さすがフルモデルチェンジですから、様々な改良点がありますね!

どれも気になるポイントですね!

 

新型86の2020年フルモデルチェンジ後の価格は値上げ?

新型86 フルモデルチェンジ 予定 最新情報 2020

やはり気になるのは価格です。

改良されグレードアップされますので、安くなることはなさそうですがどのくらい上がるのかは不安なところですね。

 

新型86の価格はまだ未定!

現行モデルの価格表

6AT 6MT
トヨタ 86 G 265万円 262万円
トヨタ 86 GT 305万円 298万円
トヨタ 86 GT リミテッド 325万円 318万円
トヨタ 86 GT リミテッドハイパフォーマンスパッケージ 346万円 339万円

新型モデルの価格はまだ発表されていません。

ですが、パワートレインなど様々なグレードアップが予定されている為、値上がりは否めません。

そもそも2019年10月には消費税の値上げも控えてますから、避けられません。

現行モデルの価格から50万円から80万円程度値上げされるとの噂もあります。

86ファンの方には、この値上げは痛い値上げですね。

フルモデルチェンジで内容も改良されますから値上げは仕方ないですが、少々大きな値上げになりそうです。

それだけ良い車にはなりそうですね!

 

新車・中古車を買う時に下取りで損しない方法は?

かんたん車査定ガイド

新車・中古車を安く買うには、値引きを頑張ってもらうのが一番簡単ですが、下取りに出す車があるのならば、下取りに出すことで更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ディーラーは『下取り金額を低めに提示』しているのです。

値引きは限界です。代わりに下取り価格を10万円アップするので決めてください!

といったセールストークに使うために、少しずつ下取り価格を上げて交渉の材料にしているのです。

これまで大切に乗っていた愛車は、1円でも高く下取りに出したいですよね?

その為には、あなたの愛車がいくらで売れるのか下取り相場を知っておく必要があります。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

愛車を一括査定した見積書を車屋さんに持って行き、『この見積りより高くならなければ下取りに出しません』と言うことで、下取り価格の交渉をする最大の武器になります。

私がディーラーでフィットを下取りに出した時、初めの提示金額は45万円と言われました。

そこで、無料一括査定を試してみた結果、62万円という査定金額が出て唖然としました。

一括査定を知らずに下取りに出していたら、あやうく17万円も損するところでした!

その後ディーラーに査定金額を伝えたところ、17万円+1万円で18万円アップしてくれました。

ディーラーのやり方に疑問を感じつつも、相手も商売なので知らなければ損してしまっても仕方ありませんよね。

どこのディーラーでも最初は下取り価格を低く提示してくるので、一括査定で買取相場をチェックしていくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取りで損したくない方、比較用に見積りを取ってみたい、相場だけ知りたいという方は、無料で簡単にチェックできるので試してみてくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

新型86 フルモデルチェンジ 予定 最新情報 2020

今回は、2020年新型86のフルモデルチェンジ予定について最新情報をご紹介してきましたが如何でしたか?

やはり2020年に86のフルモデルチェンジは行われそうですね!

最新技術を様々組み込まれた現代のスポーツカーとなりそうです。

86ファンだけでなく、スポーツカーファンには待ち遠しいフルモデルチェンジになりそうです!