バッテリー

ステップワゴンのバッテリー交換方法はDIYできる?交換費用はいくら?

バッテリー 交換 ステップワゴン 方法 費用
Pocket

今回はステップワゴンのバッテリー交換の方法やバッテリー交換にかかる費用についてご紹介します。

ステップワゴンはファミリーカーとして人気ですよね。

バッテリーは3~5年で寿命を迎えますので、交換する必要がありますがそれなりに費用がかかります。

どのくらいの費用がかかるのか、わかっていればある程度予定も立てれますよね!

それではステップワゴンのバッテリー交換の方法やバッテリー交換にかかる費用についてご紹介していきますので最後までお見逃しなく!

バッテリー上がりって意外と大きい出費ですよね。

抑えられる方法もあれば嬉しいですよね!

 

▼▼▼車を高く売りたい人必見▼▼▼


▲▲▲下取りに出す前に一括査定▲▲▲

ステップワゴンのバッテリーはどのくらいで交換する必要があるの?

バッテリー 交換 ステップワゴン 方法 費用

ではまず、ステップワゴンのバッテリーはどのくらいで交換なのでしょうか?

期間などの目安はあるのでしょうか?

 

目安はバッテリーの保証期間

バッテリーを購入すると、外箱に『2年保証や3年保証』って書いてあるのを見たことはありませんか?

バッテリーの保証期間の意味は、食品の『賞味期限』のように『普通の使い方での保証期間内は安心して使用できます。

ですが、それ以降も使えますがバッテリーが弱ってきます。』

と言う意味があるようです。

なので、期間を目安に定期交換を考えるのであれば、2年保証のものを車検毎に交換するのがオススメです。

最近ではバッテリーの性能が上がっていますから、ライトの消し忘れなど人為的なミスが無ければ寿命で上がる事はあまりありません。

 

バッテリーの寿命の前兆

バッテリーが寿命になる前にはいくつかの前兆があります。

  • エンジンのかかりが悪い(セルモーターの音が弱い)
  • パワーウィンドウの動きが悪い
  • ヘッドライトが暗い
  • バッテリー本体が膨らんできている
  • バッテリー液が減ってきている
  • バッテリーの天板にバッテリー液が漏れる
  • バッテリーの端子付近に粉がふいている

これらのどれか1つでも当てはまるようであれば、早めの交換がオススメです。

 

ライトの明るさでチェック

最も分かりやすいのが、夜間にヘッドライトを点灯している時です。

走行中は明るく点灯していたヘッドライトが、停車時には少し暗く感じられるということはありませんか?

このような場合はバッテリーが弱ってきていることが考えられます。

走行中はオルタネーターで発電しているため、十分な電力が供給されています。

ですが、停車してエンジンの回転数が下がると、オルタネーターの充電効率が下がり、バッテリーに充電されている電力が使用されます。

その為、バッテリーが弱っていると、ヘッドライトを点灯させるのに十分な電力を供給できず、ライトが暗くなってしまいます。

いくつかバッテリーの寿命にも前兆や、症状が出てきますので、敏感になっておきたいですね。

前もって気付くことで突然のバッテリートラブルは防げますよね!

 

ステップワゴンのバッテリー交換はどこがおすすめ?

バッテリー 交換 ステップワゴン 方法 費用

では、バッテリーを交換する方法です。

一言でバッテリーの交換と言っても様々方法があります。

 

ディーラーやガソリンスタンドで交換する

ディーラーやガソリンスタンドは、カーショップのように様々な種類のバッテリーを置いていません。

その為、いくつかの中なから選んだり検討をする余地はあまりない場合が多いです。

また、取り扱っているバッテリーは、パナソニックなどの有名メーカー、かつ高性能のバッテリーがほとんどでその分、価格は高くなる傾向です。

また、ディーラーでのバッテリー交換は、価格は高くても専門の整備士が作業をしてくれるという安心感がありますが、ガソリンスタンドだと、作業レベルも店舗によって様々です。

 

オートバックスやイエローハットで購入・交換する

オートバックスやイエローハットなどカーショップでバッテリー交換をすることも可能です。

カーショップでは、取り扱いバッテリーの種類も多いですし、価格帯も幅広いため、予算にあったバッテリーを選ぶことが出来ます。

ホームセンターでもいくつか販売されており、購入することが出来ますが、交換作業をしてくれる整備士はいませんので、自分でするか持ち込みで作業をしてくれるところを探す必要があります。

 

ネット通販で購入する

最も安くバッテリーを購入するならネット通販ですよね。

ネット通販ならば、様々な商品からじっくり検討して購入できますし、日頃から利用されている方も多いと思います。

ですが、激安価格のバッテリーは海外製だったり、再生バッテリーの場合が多く、品質にもバラツキがあります。

このような激安のバッテリーは、当たり外れの割合も高いです。

実際に私もネット通販で購入したものが、破損してしまっていた経験があります。

ディーラーやカーショップ・ネット通販と様々交換方法があります。

価格を取るか質を取るかですね。

 

ステップワゴンのバッテリー交換費用はいくら?

バッテリー 交換 ステップワゴン 方法 費用

では、バッテリー交換にはおおよそどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

目安を見てみましょう。

 

ディーラーでのバッテリー交換は純正だから高い?

ディーラーにバッテリー交換を依頼した場合、20,000円〜50,000円程度の費用が相場のようです。

バッテリーの値段に加えて、2,000円程度の技術料金工賃が必要です。

この価格は、『純正バッテリー』に交換してくれるがゆえに他の店舗に依頼するよりも少々費用が高くなってしまいます。

ただし、技術力と安全性を考えると最も安心できる選択肢だといえます。

 

カー用品店では安いバッテリーもある?

カー用品店、ガソリンスタンドなどへ依頼した場合であっても工賃は1,000円〜2,000円程度の場合が多いです。

中にはバッテリーを購入したユーザーに対しては、工賃は無料で行うと言う店舗もあります。

また、バッテリー本体の価格は20,000円台や30,000円を超えるものまでさまざまです。

ですが、ディーラーよりも品数が多いために予算にあった物を選べますよね。

 

安全で費用が安いのは持ち込み整備?

カー用品店や、ネット通販で購入しDIYで自分で交換すれば本体代だけで費用は済みますよね。

相すれば価格を安く抑えられますが、車に詳しくないと難しいし、不安ですよね。

ですが、安心して高い技術でバッテリーを交換してもらうには、バッテリーを持ち込む!と言う方法です。

ネット通販やカー用品店で自分の予算に合ったバッテリーを購入し、ディーラーへ持ち込み作業を行ってもらう事で、ディーラーで純正品に交換してもらうよりも安く作業をしてもらうことが出来ます。

ただ、これは全てのディーラーでやってもらえるわけではありませんので、購入前に確認しておきましょう。

ステップワゴンはミニバンですから、やはりそれなりに高額なバッテリーになるかと思います。

ですので、ディーラーで持ち込み整備してもらえれば整備技術にも安心ですし、価格を少しでも抑えられるのは良いですね!

 

ステップワゴンのバッテリー交換をDIYする方法は?

バッテリー 交換 ステップワゴン 方法 費用

もしステップワゴンのバッテリーをDIYするにはどうしたら良いのでしょうか?

手軽に出来るものなのでしょうか?

簡単に手順をまとめてみました!

基本的に車のバッテリー交換はプロの手にお任せするのが安心な為、取扱説明書にも記載されていません。

その為、実際に交換される際は再度詳しく調べてくださいね!

 

ステップワゴンに適合するバッテリー

ステップワゴンは生産日によって搭載バッテリーの種類が異なります。

標準装備は『46B24L』『55B24L』『N-55』と3種類あります。

これらは標準装備のものなので、それぞれに適合バッテリーがあります。

 

既存バッテリーを外す

バッテリーは六角ナット(10mm)で固定されています。

まずは配線を外していきます。

マイナス側を外してから、プラス側を外します。

緩めて上に引っ張ると外すことが出来ます。

配線は外した後に再度端子に触れないように固定しておきましょう。

次にバッテリーを固定している金属を外します。

これで既存のバッテリーは外すことが出来ます。

 

新しいバッテリーを取り付ける

取り付け方は外す時の逆の手順で行います。

まずは、バッテリーを固定している金属を取り付けます。

続いて、バッテリーのプラス側を取り付け、バッテリーのマイナス側を取り付けます。

しっかりと固定されているかを確認します。

 

バッテリー交換の際に注意すること

バッテリーを外すと、電力系の設定がリセットされるので設定を改めて実施する必要があります。

時計の設定やナビ、バックカメラなどの設定です。

設定がリセットされてしまわないようにバックアップを取っておく必要があるものもありますので、交換する前にしっかりチェックしておきましょう。

作業手順だけを見ると簡単に出来そうですね。

ただ、バックアップなどしっかり前もって調べてから作業を行いましょう。

 

ステップワゴンのバッテリー寿命を延ばす方法は?

バッテリー 交換 ステップワゴン 方法 費用

定期的に交換の必要のあるバッテリーですが、出来るだけ寿命を伸ばせれば嬉しいですよね。

どのように車を使用すれば最大限バッテリーの寿命を延ばせるのでしょうか?

 

バッテリー上がりを予防しよう!

ランプの消し忘れやドアの閉め忘れ等によるバッテリー上がりにつながりますよね。

バッテリー上がりが起こると、回復させるためにバッテリーに大きな負荷がかかってしまうようです。

その為、結果的にバッテリーの寿命が短くなってしまいます。

 

定期的にエンジンをかける

バッテリーは走行中に充電されますが、エンジンがかかっていない時は自然放電してしまいバッテリー上がりにつながります。

バッテリーが上がってしまうと、バッテリーの寿命も短くなってしまう為車にできるだけ乗ってバッテリー上がりをしないようにすると、寿命は長持ちする傾向にあるようです。

普段あまり車に乗らないという場合でも、週に1度はエンジンをかけられると良いですね。

30分以上運転出来るのが目安です。

 

バッテリーをこまめに充電する

毎日通勤に使用したりすると頻繁に乗りますが、休みの日だけなど車を乗る頻度が少ないならばこまめに充電を行いましょう。

充電器はカー用品店にも販売されていますので1つあれば安心ですね。

高額なバッテリーですから、出来るだけ長持ちしてもらいたいものですよね。

定期的に運転し、バッテリー上がりを起こさないようにしたいですね。

 

新車・中古車を買う時に下取りで損しない方法は?

かんたん車査定ガイド

新車・中古車を安く買うには、値引きを頑張ってもらうのが一番簡単ですが、下取りに出す車があるのならば、下取りに出すことで更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ディーラーは『下取り金額を低めに提示』しているのです。

値引きは限界です。代わりに下取り価格を10万円アップするので決めてください!

といったセールストークに使うために、少しずつ下取り価格を上げて交渉の材料にしているのです。

これまで大切に乗っていた愛車は、1円でも高く下取りに出したいですよね?

その為には、あなたの愛車がいくらで売れるのか下取り相場を知っておく必要があります。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

愛車を一括査定した見積書を車屋さんに持って行き、『この見積りより高くならなければ下取りに出しません』と言うことで、下取り価格の交渉をする最大の武器になります。

私がディーラーでフィットを下取りに出した時、初めの提示金額は45万円と言われました。

そこで、無料一括査定を試してみた結果、62万円という査定金額が出て唖然としました。

一括査定を知らずに下取りに出していたら、あやうく17万円も損するところでした!

その後ディーラーに査定金額を伝えたところ、17万円+1万円で18万円アップしてくれました。

ディーラーのやり方に疑問を感じつつも、相手も商売なので知らなければ損してしまっても仕方ありませんよね。

どこのディーラーでも最初は下取り価格を低く提示してくるので、一括査定で買取相場をチェックしていくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取りで損したくない方、比較用に見積りを取ってみたい、相場だけ知りたいという方は、無料で簡単にチェックできるので試してみてくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

 

まとめ

バッテリー 交換 ステップワゴン 方法 費用

今回はステップワゴンのバッテリー交換の方法やバッテリー交換にかかる費用についてご紹介しましたが如何でしたか?

どこでバッテリーを交換するのか、どのくらい費用の差があるのかも少しわかって頂けたかと思います。

バッテリー交換はかかる費用にもかなりばらつきがある為、自分の予算にあったもので実施したいですね。

高額ではありますが、定期的な交換で突然のバッテリートラブルは防げますので計画的に行いたいですね!